ケータイ小説 野いちご

密室でふたり、イケナイコト。

◆自覚したキモチ



―――昨日、どうやって帰ってきたっけ……


衝撃のことを言われた途端、急にハッと覚醒したようになって、


「か、帰るっ!!」


ドンッと強く成宮を突き飛ばして、雨がまだ降り続けるのも気にせずに全速力で家に帰った。


「おい、ゆずきっ!!!」



呼び止めるように、後ろから伸びてきた腕と声に、一切振り返ることなく。


わたし、成宮のこと……好き、だったの?


ドキドキするのも、緊張するのも、寂しくなるのも、

全部、ぜんぶ……
成宮のことが好きだったから……?



「嘘でしょっ……」


寝起きの、ボサボサの髪のまま、ボフンッと勢いよく布団に顔を突っ込んだ。


本当に?
ほんとうの、本当……?


あんなにムカついたり、嫌だって思ったり、

イケメンのくせにとか、内心散々暴言吐きまくってた相手に、


わたしが……恋?


信じられない……


オタク人生を送ってきたわたしにとって、今まで人を好きになったことがないから分かんない。


声優のお仕事じゃ、ラブコメや今撮影してる【君への好きは~】だって、恋する女の子を演じてるけれど……



それを自分に置き換えてみたとしても、なんだか腑に落ちない。


恋愛初心者にはハードルが高すぎるよ……




< 250/ 380 >