ケータイ小説 野いちご

密室でふたり、イケナイコト。

◇雨宿りとキス




「なり、みや……っ」


耳から、首、鎖骨へと口づけが落とされていく。


成宮が甘すぎて、頭がおかしくなりそう。

今だって……



「んっ……!?
な、なにっ……!?」


チクリと首すじに走った痛み。



「俺のって印、つけたから」



印って…… キ、キスマークのこと!!?

あんなの、漫画やアニメの中だけだと思ってた……



「1つだけじゃ、全然足りない」


「んっ……!」


そう言うと、また強く吸いつかれた。



その度に身体がビクッとなって、心臓もありえないくらいの速さで動いていて。

まだ成宮と付き合ったばかりの時はこんなの、絶対嫌で突き飛ばしてたはずなのに。


今はむしろ、成宮と過ごす時間が足りてなかったことに気づいた自分がいて。



―――いつからこんなに、成宮のことしか考えられなくなっていたのかな。



「あれ、さっきみたいな抵抗はもう、しないんだ?」


「そ、それはっ……」



言えない。

抵抗なんか、できないって。


< 221/ 380 >