ケータイ小説 野いちご

保健室で寝ていたら、爽やかモテ男子に甘く迫られちゃいました。

拗ねないで
涼々 side


気に食わない。

さっきから。

ふたりでコソコソと。

みんなで昼食を食べ終わり、泉の提案で俺たちはグループを分けて行動することになった。

けど。

「お似合いだなぁ」

「え、」

ふれあいコーナーに向かいながら、前を歩くふたりの背中を眺めていたら、

自然と俺の横を歩いていた秋津 百合(あきつ ゆり)が突然口を開いたのでびっくりする。

郁田さんと同じクラスでバレー部。

他の仲良しメンバーの人たちに比べたら、性格は大人しい方だとは思う。

そんな彼女が唐突に、ふたりの背中を見つめたまま呟くんだから、

スルーできるわけない。

「あ、ごめんね。夏目くん、菜花のこと気に入ってるのに」

「気に入ってるって、そりゃ好きだけど、俺はみんなのこと同じように好きだよ。秋津さんのことだって大切」

俺がそういえば、秋津さんが少し頬を赤く染めてから

「ふふっ、どうも。さすがみんなの夏目くん」

と言って笑った。

俺の悪い癖。
でも、もうずっとこんな生き方しかしていなくて、これ以外の方法がわからない状態だ。

< 114/ 335 >