ケータイ小説 野いちご

不器用オオカミとひみつの同居生活。

太陽の笑顔




とはいえまだ微熱だったので、大事をとってその日は学校を休むことにした。


すがすがしい朝。

お天気お姉さんもニコニコの晴天。


コーヒーを飲む私の前には……



当然のように花平くんが座っている。



「……あの、学校は?」


花平くんも同じA高のはずだけど、彼はこれっぽっちも動く気配はなかった。

ちなみに寝るとき以外はスウェットではなく制服を着ている。


あまりにもじっと私がコーヒーを飲む姿を見つめてくるから、そっと唇からカップを離した。



「コーヒー飲みますか?」

「いい」


そう見られてると飲みにくいんだけどな……


いったい何を考えてるんだろう。

どういう思考回路で私のことを見てるんだろう。



< 51/ 403 >