ケータイ小説 野いちご

不器用オオカミとひみつの同居生活。

ちいさな痛み




「ねーね!今日の放課後さ、3人で買い物に行かない?」


お弁当のからあげを食べながらそう提案したのは、新しくできた友達の木下 琴音(きのした ことね)ちゃん。


琴音ちゃん…こっちゃんとは席が前後ろで、プリントをまわすときに意気投合して仲良くなった。



『あたし、木下琴音。って自己紹介したけどね』


なんて笑いかけてくれるこっちゃん。


じつは自分の自己紹介すら何を言ったか覚えてない、とは言えなかった。


もちろん、ほかの人の自己紹介もうろ覚えで。

あのときの私の頭の中はプリンでいっぱいだった。



『気軽にこっちゃんって呼んで!
えーっと……なんて呼んだらいい?』


『みんなからはカヤって呼ばれてるかな。
よろしくね、こっちゃん』


『じゃあカヤちゃん、よろしく。仲良くしてね!』


そしてすうちゃんとこっちゃんと私の3人で行動することが多くなった。



< 128/ 403 >