ケータイ小説 野いちご

不器用オオカミとひみつの同居生活。

プロローグ





夜のシフトはこの日が初めてだった。


バイト先の先輩からはさんざん脅されたけど、
今のところ大丈夫だ。


クレーマー、強盗、大きな蛾。


入口をじっと見張っているわけにもいかなくて、

来客を知らせるベルが鳴るたびヒヤヒヤしたけど、奇跡的にいずれもご来店していない。



『カヤちゃん、強盗が来たらこうして……こう!』

『こ、こう?』


先輩から伝授された護身術もお披露目しなくてよさそう。



私が近所にあるコンビニで求人募集を見つけたのは、もう1年以上前のこと。


社員さんをのぞけば、私はバイトの中で3番目に古株だった。


今までは日中のシフトばかりだったけど、ふいに思い立ってこの時間帯に入れてみた。



< 1/ 403 >