ケータイ小説 野いちご

総長さま、溺愛中につき。②〜クールな総長の甘い告白〜

ROUND*06 温もりに包まれて
腕の中




いつまで経っても枯れない涙は、夕日が沈んでも止まる気配はなかった。

悲しくて、ただただ悲しくて仕方なかった。

暗い場所は怖くて苦手だったけど、今日はちょうどよかったかもしれない。

こんな場所に、私以外の人はこないだろうし……もし誰かが通りすがっても、見えないだろうから。

私、きっと今惨めだなぁ……。

春ちゃんに、fatalのみんなに会いたくてこの学園に来たのに……気づいてももらえなかった。

みんなのあんな顔……知りたくなかったな。

でも、知らないままよりはよかったのかな……。

裏切られたとか、そんなことは思わない。

でも、ショックが大きすぎた。

春ちゃんの浮気も、本当だってわかって……これから、どうしたらいいんだろう。

このまま何もなかったように付き合い続けるなんてできないし、今更サラの姿でみんなに会うのも嫌だ。



< 93/ 252 >