ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

君の詩が聴こえる(仮)

💧第1章💧
転校生

「今日からこのクラスに新しいメンバーが加わることになった。」

担任の言葉に教室が騒がしくなった。

智香も何か言いたげな顔でこっちを見ている。

「先生!早く転校生、紹介してくださいよ!」

男子生徒が野次をとばすと、周りもそーだそーだと声をあげた。

「わかったわかったから。静かにしろ。
転校生、入っていいぞ」

カラカラと静かに扉が空いた。その一瞬で教室が静まり返った。

入ってきたのは、男子だった

「キャーッ、超イケメン!!」
1部の女子の奇声と同時に、男子のため息が混ざっていた。

智香の方に目をやると、想像してた通りの目で転校生を見つめていた。

「はいはい、みんな静かに。じゃあ、転校生自己紹介してください」

「初めまして、天音奏斗です。よろしく」

再び女子の奇声と男子のため息が教室中に響いた。


私の人生が彼によって大きく変えられるとはこの時は思いもしなかった。



< 5/ 5 >