ケータイ小説 野いちご

訳あり冷徹社長はただの優男でした

プロローグ

休日の朝早く。
インターホンが鳴って、見知った顔だからと渋々ではあったけど出てしまったのが運の尽きだった。

「愛と金、選ぶならどっちを選ぶ?私はさ、金だと思ってたわけ。世の中金さえあれば苦労せずにすむじゃない?でもね、私は気づいちゃったわけ。金だけあったって全く心は満たされない。やっぱり愛がなくちゃだめなんだって。」

「…はあ。」

玄関先で持論を展開するドヤ顔の姉に、私は適当に相槌をうっていた。

「父親に捨てられて相当お金に苦労してきたじゃない。だからさ、私は余計にお金に執着していたわけよ。そのせいで母親も亡くなったしさ、今までは父親むかつくって思っていたの。」

「…はあ。」

「でもね、今なら父親の気持ちがわかるなぁって。世の中金じゃない。愛だよってね!」

両手を胸の前で組んでうっとりとする姉に、私はいよいよ呆れた疑問を呈す。

「はあ?」

けれど姉はまったく動じない。

< 1/ 112 >