ケータイ小説 野いちご

永久溺愛〜オトナの独占欲は危険です〜

センパイと異変





一緒に住むようになってからは、私が一本早い電車に乗ることになった。

時間をずらすことで周囲に気づかれないようにするためだ。


いつもより一本早い電車はそこまで満員ではなく、たまに座ることもできる。


今日はずっと立ちっぱなしのまま、電車に揺られること30分。

乗り換えなしで私の通う高校の最寄りへと着く。
そこから5分ほど歩けば高校が見えてくる。


「あっ、詩織!おはよ!」
「文香!おはよう」

正門を通ろうとしたところで自転車通学である山田文香(やまだふみか)とばったり会い、彼女は自転車から降りた。


< 27/ 288 >