ケータイ小説 野いちご

永久溺愛〜オトナの独占欲は危険です〜

クリスマスと不安





「ええー、詩織帰っちゃうの?」


待ちに待ったクリスマスの日の放課後。

クリぼっちの会を開こうと提案した男子を筆頭に、予定のないメンバーはカラオケに行くことになった。


けれど私には予定がある。
紘毅くんとふたりでクリスマスの午後を過ごすのだ。


「ごめんね、どうしても外せない用があって…」
「隼也くんに会うとか?」

「さ、坂野先輩…?どうしてここで?」

「隼也くん、詩織のことすっごく気に入ってるみたいだよ」


彼氏情報、と付け加えて笑う文香。

気に入ってるって…弄ぶのに丁度いい相手、という意味が含まれていそうだ。


< 183/ 288 >