ケータイ小説 野いちご

永久溺愛〜オトナの独占欲は危険です〜

突然のキス





目に見えるほどふたりの時間は減った。



最初はバイトに慣れるまで、回数をこなすのみだと思い週4で入っていた私。

幸いにもバイトの環境は良くて楽しいため、充実した日々を送っていたけれど。


紘毅くんとの時間は減り、話す回数も減ってしまった。


「うーん…」


そんなある日。
その日はバイトがなく、早くに家に帰れた私。

けれどそういう日に限って紘毅くんは飲み会があるようで、中々ふたりの時間が合わない。


< 110/ 288 >