ケータイ小説 野いちご

猫娘とおソバ屋さんで働いています

 勝手口のドアの前で足を止め、黒髪のセミロングをささっと手櫛で直す。
 今日からこの「そば処・詠鳥庵」で自給1500円のパートが始まるんだ。
 数秒の間をおいてドアノブを握ると意を決して開けた。
「おはようございまーす!」
 私こと青森あおい(あおもり・あおい)は一際大きな声で挨拶しながらお店の勝手口をくぐった。
 厨房ではすでに人がいて、エビの背腸取りの真っ最中だ。シンクの脇の台の上に置かれた大きなボウルにはエビが山になりかけている。
 実家でお母さんがエビチリを作るときとかよく手伝わされたなぁ。
 私はちょっとそのときの気持ち悪さを思い出してしまった。
 そっか、ここで働くってことはこういう仕事もあるかもしれないんだよね。
 けど、ホールスタッフだから厨房作業は回ってこないのかな?
 半分そう願いつつ、背腸取りをしていた人を見直す。
 薄緑色のエプロンをつけた若い女性だった。
 緑色の三角巾からはわずかに黒髪がはみ出している。銀縁眼鏡をかけた知的そうなお姉さんだ。
 わあ、胸おっきい。
 エビに目がいってしまって見落としていたけど、お姉さんの胸はエプロンとか灰色のトレーナーで隠されていても隠しきれない代物だ。成長期に何ガロンの牛乳を飲めばこんなに育つのだろう?
「おはようございます」
 私が再度挨拶するとお姉さんが手を止めてこちらを向いた。
「おはよう」
 返してくる。
「君、今日からの人?」
「あ、はい」
「ふうん」
 しばし彼女に凝視される。
 え?
 何?
 頭の天辺に疑問符が浮かぶ。
「……あ、青山あおいです。これからよろしくお願いします。」
「あおいちゃん? どんな字?」
「青森県の青森にひらがなであおいです」
「そうなんだ、素敵な名前だね」
 たとえ名前のことでも初対面の人にいきなり素敵とか言われると照れてしまう。
 あおい、がアルファベットだとすべて母音になるから外国で生活するようになっても呼ばれやすいでしょ?
 昔、お母さんがそう教えてくれたっけ。
「あ、僕は河合直子(かわい・なおこ)、『直子さん』とか『直子ちゃん』でいいから」
「え、じ、じゃあ直子さん」
「はい、あおいちゃん」
 自分呼びが『僕』というのに驚いたけど、胸もあるし、女の人でいいんだよね。
 名前も女性っぽいし。
「ん? どうしたの?」
「あ、いえ、何でもありません」
 私は慌てて手を振った。
 直子さんが不思議そうな顔をするものの、追求はしてこない。
 
 
 

< 1/ 21 >