ケータイ小説 野いちご

復讐メッセージを送信しました。〜ナナツノノロイ3〜

裏切り

翌日は朝から強い雨が降り続いていた。

分厚く立ち込めた雲から、ゴロゴロという低いうなり声のような音が聞こえる。

環奈はリビングのソファで目を覚ました。

口の中がズキズキと痛くて、おさえながら、洗面所へ向かう。

鏡に映る自分をぼんやりと見つめる。口元が腫れ、おでこに紫色の皮下出血ができている。

髪もボサボサでボロ布のような見た目だ。

なにもかもどうでもいい。
自虐的に思いながら、環奈は手ぐしで髪を整えて、結んだ。
少しでも動かすと身体中が軋むように痛い。

< 298/ 367 >