ケータイ小説 野いちご

蘭蝶 短編集

陣×咲
問題が解決しました

「……咲。」




『……え?』




「って、呼んでもいい?」



初めて陣に咲って名前で呼ばれた事に驚く。今まではアンタとかお前とか…。とにかく名前で呼ばれたのは初めてだった



『う、うん!』



「……あと、今まで睨んだりとか嫌な態度取ってごめん。」



『ううん、私だって最初から受け入れられると思ってなかったからいいよ』



「……あれ、嬉しかった。俺は誰のものでもないってやつ」



『だって、それは事実でしょ?陣は誰のものでもないよ。陣は陣だけのものだよ』



「そっか。ありがとう。」



そう言って花が綻ぶ笑顔に私の胸は高鳴った



< 52/ 116 >