ケータイ小説 野いちご

闇色のシンデレラ

『シンデレラ』
闇色の男


「はあ、はあっ……」



あれから何日過ぎたのか。


わたしはとうとう全てを失った。


実莉はわたしをレイプ犯に仕立て上げるという狡猾(こうかつ)な嘘を考えつき、黒帝や傘下の暴走族を味方につけた。


わたしは唯一の光だった理叶と光冴を失い、さらに実莉のデマの影響で3年続けていた仕事もクビになった。



「待て、てめぇ!」



そうして、黒帝や傘下の暴走族に追われるようになった。


捕まれば今度こそ殺される。


怖くて怖くて、一昨日だったか、頭には固まった出血の跡を、目の回りに青アザをこしらえたまま交番に駆け込んだ。


必死に状況を説明して、保護してもらおうと思ったけど、無駄だった。


真実は美花の男によって情報操作され、警察すら「連絡は入ってるよ。家出でしょ?親御さん呼ぶから待っていなさい」と取り合ってくれない。


だから警察から離れて、繁華街の空き家のひとつにガラスを割って侵入し、身を潜めていた。


ところが今日、黒帝に見つかってしまい───今に至る。

< 19/ 412 >