ケータイ小説 野いちご

何があっても君を想うから

1年後
遥side



┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


遥side


俺の腕の中で泣いている奈乃。


ずっと会いたくて好きって伝えたくて仕方なかった人。


そんな人が今俺の彼女になってる。


よかった。今日ここに来て。


予感がした。


ここに奈乃がいる気がしたから。


「好き・・・・・遥くん」


不意打ちはずるい。


顔を上げそうになった奈乃を必死で手で止める。


「な、なんで!」

「見るな」


絶対顔赤いから。


< 127/ 132 >