ケータイ小説 野いちご

彼と彼女の甘い秘めごと

【Sweet*1】
▼甘いせきがえ




それから一週間と少し経った日。

教室近くの学年掲示板に、成績上位者の名前が貼り出された。



『前期中間試験・成績上位者 第二学年

一位、成瀬伊織

二位、白石紗和

三位、碓氷千尋

四位――…』



「紗和ちゃんすごいすごい!二位だよ!」

「ありがとうひな」

「成瀬くんも碓氷くんもすごいね!私の周りはすごい人ばっかりだっ」

「ふふっ。ひなも今回は自己最高だったんでしょう?」

「うんっ!特に数学が良かったの、紗和ちゃんのおかげ」

「違う、ひなが自分で頑張ったからこそだよ」

「っ、もう紗和ちゃん大好きー…っ」



生徒たちでにぎわう掲示板近くを避け、ひっそりと羅列された文字たちを見た。

…伊織を超えるのは半ば諦めてるから、せめて同率一位を目標に頑張ってみたのだけれど。努力が足りなかったようだ。



キーンコーンカーンコーン――…


(さぁ、今日も頑張りますか)


< 62/ 340 >