ケータイ小説 野いちご

彼と彼女の甘い秘めごと

【Sweet*1】
▼甘いやきもち




――…その冷たい声が

振り向いたときの、無表情が


わたしには、最終宣告に思えたの。



「千尋も委員長さんも、すげぇ噂になってたけど?」

「伊織、違うんだ、俺は――…」



…そう笑って、一見普通に見えるけど

ずっと一緒に過ごしてきたからこそ分かる。


伊織、ものすごく、怒ってる――…。



「成瀬くんもみんなも、本当に違うの。わたしは碓氷くんと付き合ってないし、あれは耳元で話をしてくれただけ」



焦り、余裕のなさ、繕い

似たようないろんな感情がわいてくるのに


…委員長してのわたしは、どうしてか、落ち着いていた。



「伊織も璃乃も、お前らも。もう良いんじゃねぇの?

――…白石さんと千尋がそう言ってんなら違うんだろ」


< 39/ 340 >