ケータイ小説 野いちご

彼と彼女の甘い秘めごと

【Sweet*2】
▼苦い、苦い、彼女








ガチャッ



「おかえり紗和」

「ただいま伊織」



――…ちゅっ。


確かめ合うように啄まれたキスに、愛しさがこみ上げる。


部活を終えて買い物をして、帰ってきたら伊織が居る。

この日々を壊したくないと、守り抜きたいと、今日はいつも以上に思った日だった。



社会科準備室をあとにしてから、すぐひなに謝りに行った。

「紗和ちゃん私もごめんね!」と眉を下げて何度も謝ってくれたひな。悪いのはわたしだというのに、心優しい彼女にありがたさばかりが募っていった。


その後戻ってきた高見くんとは、それからあいさつ程度の会話しかしなかった。


< 111/ 340 >