ケータイ小説 野いちご

好きだとか、嫌いだとか。

双子なのに
梨乃side




いつも私は、まず、教室に入ったらみんなに挨拶をする。そして自分の席に着く。



だけど今日は違った。





やばい。具合悪い!






家出るまえは自分でも微熱があることにすら気づかなかったのに、今は頭痛いしフラフラするしで事件!





でも朝、あれだけ大丈夫!って言っちゃったから、そうそう簡単には早退できない。。。




なんて考えていたら、同じクラスの友達、黛 仁奈が来た。




ちなみに仁奈のお兄ちゃんは、私たちのお世話になっている病院の先生!



しかも、ひなにいの昔からの幼なじみで、私たちは黛家に結構お世話になってるの!
だから、りゅう君って呼ばせてもらってる!








「おはよ!!!どうしたの?あ、もしかして、具合悪い?」




「え、!べ、別に、大丈夫、だよ?」




「ほんとに〜??てゆーか!!1時間目体育だよ?」




「も、もちろん。授業出るよ?」




「ダメ。体育は見学して?お願い。」




「なんで?大丈夫だよ!」




「何がなんでも絶対にダメ!!それより、具合悪い事茜ちゃんに言った?」




「あ、言ってない💦💦」

< 6/ 18 >