ケータイ小説 野いちご

好きだとか、嫌いだとか。

双子なのに
茜side


ージリリリリリリリリリリー






規則的な目覚ましの音で私は目が覚めた。



朝5:30。



重い身体を引きづって、リビングへ向かう。






私、上原家の家族は5人。母は私達が小学生の頃に交通事故で亡くなった。




その後父は、優しかった前の性格とは一変。ストレスで父は私に暴力を振るい続けた。




なので私達の兄が父を追い出し、家族を養っている。



私達の家は24階建てのマンションの最上階。


リビングと玄関を繋ぐ廊下には遥、ひなたの部屋。その向かいに医療品を置いている部屋と、トイレがある。


そして、リビングの奥にある廊下には私(茜)、梨乃、ゆうにぃの部屋、お風呂と並んでいる。




そして私がリビングへ向かうと、ゆうにぃと梨乃がご飯を作っていて、ひなたと遥がテレビのリモコンの取り合いをしていた。






< 2/ 18 >