ケータイ小説 野いちご

年下男子のお気に召すまま

交際




10月の後半、明け方の4時半。

早番勤務のため準備で起きていた私と、たまたま目が覚めた彼は朝から電話をしていた。

その時、彼からまた好きだと言われた。


これだけアプローチしてくれる人が、この先いるのだろうか。

そう思ったら、拒むのが申し訳なくなった。




< 9/ 16 >