ケータイ小説 野いちご

年下男子のお気に召すまま

いい所




交際を始めて、知ったことがある。


まずは、私が早番勤務の時には通話したくてわざわざ目覚ましをセットしていたということ。


交際前から朝の4時くらいにおはようスタンプを送ってくれていたのは、ただ目が覚めただけなのかと思っていた。

彼も目が覚めたと言っていたから、特に何も思わなかった。


眠たいはずなのに、話したいからと起きてくれることが嬉しかった。




< 11/ 16 >