ケータイ小説 野いちご

俺様アイドルに求愛されてます!!〜プリンセスがプリンス?〜

始まりは最悪でした
お人好しなんです

不安からか今日はいつもより早く目が覚めた。








洗面所に向かい顔を洗う。







近くに置いていたオシャレな眼鏡をかけて髪の毛を丁寧にセットする。








前に比べて少し伸びた前髪をヘアアイロンで伸ばし青い目が見えないようにする。









無色のリップを塗り、リビングに出ると今日も沢山の朝食が並べてあった。








いったい何時から昌美さんは用意しているのだろうか?








そんな疑問を抱きながらご飯を口に運んだ。










朝食を食べ終わり少し早いが家を出た。









学校につくと朝の準備をする林くんがいた。








「おはようございます。林くん!」







「あ、橋本さんか」







「なんかガッカリりましたね」








「いえ、そんなことは」








「どーしたんですか?そんな顔して」







< 42/ 199 >