ケータイ小説 野いちご

組長が惚れた女

14章 本当の自由


美「……ん、今誰かに謝られたような……」



杏「あら、おきたのね笑具合いはどう?」



美「まだあり……」



杏「まあ、2人もお腹に居たらつわりも酷いわよね、」



美「……でも私全く辛くないんです」



杏「どうして?」




美「お腹に2人も赤ちゃんがいるのに今からお母さんになる私がへばってたらこと子達に心配させちゃうから笑」




杏「そうだ、今日私出かけるから何かあったらすぐに電話するねするのよ?わかった?」




美「はい、ありがとうございます」



美「……あの!その前にいいですか?」




杏「何?」




美「私……この子達が産まれたらこの街を離れようと思います。」





杏「?!」





美「この街は思い出が多すぎるから……」





杏「美花はそれでいいの?この街を離れたらもう友達ともあえないってことだよ?わかってるの?」





美「うん……その覚悟で杏奈先生に話したから」




杏「どこに行くか決めたの?」




美「まだ」




杏「それじゃあ!」



美「でも!もう杏奈先生に迷惑ばかりかけたくないから」




杏「美花ちゃん。」




美「私の最初で最後のわがまま聞いてくれますか?」





杏「……当たり前でしょ……」





美「ありがとうございます……赤ちゃんを産んだらすぐにでも出ていくつもりです」





杏「わかった、でも順とかは私にも手伝わせてね?」





美「はい笑」




杏「それじゃあ、出かけてくるわ」





美「はい笑」

< 61/ 79 >