ケータイ小説 野いちご

組長が惚れた女

13章 親友の思い



皆の思い編


結「美花やっぱり電話しても繋がらない……やっぱり昨日何かあったのかな?」



ロ「結衣を心配させるなんていい度胸してんな、もしかしたらあいつらが知ってるんじゃねぇか?、」



雷「行ってみるか」



……



桃「美花?私も何回も電話してるけど繋がらない
のよ、もしかしてあんた達も?」




悠「……あいつに何かあったとしたら……」




結「やめて……そんなの考えたくもないよ」




ニコ「俺美花ちゃんの家行ってみる!」




ルイ「俺もい「お前ら美花が学校に来ない電話にも繋がらない!何か知ってるやついないか!!!!!!」」




秋「春樹先生、こちらも同じく音沙汰がありませ
ん」




春「ちっ!!!」



全員『こっわ 』




明「そんな殺気出しまくるんじゃねえよ」




遼「そうだぞ、みんな同じ気持ちなんだから」




広「組に行って探してもらうか?」




明「無理だ今のあいつは暁の女じゃない。」





春「クソが!」





広「ダメもとでも俺はやる!」




流「俺たちも行く」




結局みんな行くことになった。





暁の待っている部屋にはもう既に他の組達が勢揃いしていた。





明「話がある」





暁「あいつの事なら話すことはもう何も無い」





潤「……」




広「そんなこと言ってる場合じゃねえんだよ!!!!!!」




春「あいつが……美花が消えたんだよ!」




暁「?!……」




潤「それほんとか?!電話もか」





遼「ああ……家にも居ない……それどころか荷物がなくなってたんだよ……」




新「探しに行こう!」




暁「勝手な真似すんな……あいつはもう俺の女でもなんでもない、そんなやつを探すな」




潤「は?」




桃「あんた今なんて言ったのよ……」




ルカ「おい桃……」





桃「私の親友に……あんなやつとか最低ね……」





暁「そうか」




桃「私あんたを顔だけで選んで良かったと思うわ、そんな心も無いやつとはいたくないし。」





暁「……」





桃「あんたらが探さないなら私達だけでも探し続ける!学校をやんすででもね!」





暁「俺にそれを言ってどうすんだよ」




桃「ただあんたが本当に美花をまだ好きなのか確かめただけよ……これで分かったわ。あんたは美花よりも……そこにいる前の私のようにぶりっ子を選ぶのね……笑笑」




結「ッ?!」




桃「もうここに用なんてないは、みんな行こう」




流「ああ」





悠「暁さん会合出れません俺達彼岸花は美花を探
しに行きます」




暁「そうか」





ニコ「……」




……






愛「あいつらほんとにずっと美花を探してるぞ」





暁「あいつの名前は出すな」





結「そうよ、今この人の隣にいるのは私よ?笑」





愛「チッ俺はまっすぐ前だけ見るお前が気にってた、けど今はまっすぐな目で俺らを見てねぇ、それどころか昔のお前に戻ってるよ」




愛「俺は今のお前と一緒に前には進めねえそう思う」






暁「俺があいつを振ったからか?笑」




愛「ああ」




暁「ただの遊びになんで俺が本気になる必要があ
るんだ?笑」





広「お前それ本気で言ってんのか?」





暁「……」






潤「お前まじでおかしい…」





暁「そうか」




暁「……」




……俺たちはどこでこんな風になっちまったんだよ……暁。





皆の思いEND

< 59/ 79 >