ケータイ小説 野いちご

組長が惚れた女

11章 あの人との恋はもう戻らない




美「は……んん〜ヒック、ヒック」




私はその場でバランスを崩し泣きじゃ組んだ



桃「美花……」




美「桃ちゃん……苦しいよ〜ヒック辛いよ〜ヒック」




桃「うん。家においで、もう我慢しなくていい。思いっきり泣きな私が全部受け止めて上げる」




私は桃ちゃんの家に連れていかれショッピングモールでものことを思い出し声がかれるまで泣き続けた





遊「?!姉貴……どういう状況だ……」





桃「話はあとよ!流に電話して!今すぐ私の家に来るように言って!」





遊「わかった!」

< 48/ 79 >