ケータイ小説 野いちご

組長が惚れた女

6章 桃の計画


         〜桃編〜

 なんなのあの女!せっかく追い出したのになんでまた幸せになってんの?!流は私のになったのに、これじゃ意味ないじゃない!


  

  …まあ、この私を出し抜けるとは思わないけどね!また、あの手使うか笑
  


  それにしても流と美花が仲直りしたのは予定外だったわ、慎重に動かないといけないなね。




ルカ「桃?大丈夫か?」




桃「…大丈夫!えへへ仲直りしたかったのに喧嘩しちゃったね…」




ルカ「悪い…」




桃「ううん!大丈夫!ルカが謝らなくていいんだよ〜笑」





ルカ「桃は優しいな」




   当たり前でしょ…私はチヤホヤされたいんだから。それにルカは今私の手の中笑
男て結局女に弱いのよ笑




桃「帰り流のところ行ける?もしかしてまだダメなの?」





ルカ「ああ、まだ美花かお前のどっちが正しのか探してるらしい、あいつがどう見ても犯人なのにな」





桃「仕方ないよ笑」




ルカ「ああ…」




   

   ルカは何かを考えながら私の頭を優しく撫でた。…美花、次のターゲットは、あんたの二人目の男よ笑この私があんたの何もかもを全部奪ってあげる笑笑




    ガラガラ



   チャイムが鳴り美花も教室に帰ってきた。さっきとは違って明るい表情で、どうせその笑顔を私がまた壊して闇に落ちるだけなんだから笑笑




    今のうちに笑ってなさい笑




桃「美海ちゃんおかえり!」




美花「?!…」




ニコ「美花に気安く話しかけないで」





美花「ニコちゃんいいから、また喧嘩になる」





ニコ「美花が言うなら…」




桃「美花ちゃん…今日ちょっと話したいことがあるんだ…いい?」




美花「?!…なんのつもり?」





桃「ちゃんと話さないと美花ちゃんと仲直りできないと思って…」




美花「私、は…桃ちゃんとはなすことは今は出来ない」




桃「でもちゃんと話さないと仲直りが…」




美花「それなら瑠生達が一緒ならいいよ…」




桃「二人はダメなの?」




美花「それは絶対に嫌だ」




   チッあの時とははうまくいかないか…だったら笑笑




桃「うん!いいよ!」




美花「?!…それならわかった」




ルカ「おい!…本当に大丈夫か?」




桃「大丈夫!話し合うだけだから!心配しないで!」




ルカ「美花、もし桃に何かしたらただじゃおかねぇからな!」




美花「桃ちゃんに私が何するの?私は何もしない…桃ちゃんが話したいというから話に行くだけよ?私は桃ちゃんに興味ないよ」




   何この女笑少し言うようになったじゃない笑




桃「ごめんね.ちょっとだけでいいんだ…」




美花「分かった、話はそれだけ?」




桃「うん…」



美花「それなら自分の席に戻るね」




蒼「美花一限目って何ー」




美花「確か数学だったと思う笑先生は誰かはわからないけど笑」




ルカ「俺たちも座ろ」




桃「うん」




  まずはここのクラスのみんなを私の思い通りに動いてもらうためには今から動くしかないわ、





?「よう!今日から数学の担当をする中原 春樹だ、よろしくな」




クラス「「「よろしくお願いします」」」




  へぇ〜この学校美形な先生多いんだ〜笑
七原先生は生徒を見ているようで誰かを見ていた。その視点を辿って見ていたのは…美花?!どうしてあの女を見るの?裏切り者なのに、あの先生知らないの?しかも何あの先生美花を見る目…まるで…



桃「なんで美花ばっかなのよ…」




春樹「よし!俺の授業を受ける前に絶対に守ってほしいもんがある。それを破った奴は俺がじきじきに課題をやる」




クラス(こぇー)




春樹「まず、俺の授業が退屈でも出ろ、それから寝るな、寝たら、分かってるな?それからこれは女にだが、俺は女にも容赦はしない覚えておけ」




女「「「は、はい」」」




  なんなのあの先生…怖すぎ…まあ、ゆっくり誘惑すればなんとかなるでしょ笑



  それから授業は始まりすぐに時間は過ぎた

< 29/ 79 >