ケータイ小説 野いちご

身長差30cm、年の差12才、この恋あり

出会い
俺の気持ちに気付いてくれ

インターホンが鳴った。



「迎えに来たぞ。」



分かってますから、化粧してないし、髪もボサボサだ。


どうしようか、部屋の中をウロウロ歩いた。


居留守でも使おうか。


「おーい。早く出て来い。」



待ってよ。



仕方なく鍵を開けた。



「おまえ、なに、今、起きたとこ。」



「化粧ぐらいしろよ。化粧品はどこ?」



化粧品のある場所を指差すと、聖夜がベットの横にあるドレッサーの前に、私を座らせた。



聖夜、どうするを気ですか。


聖夜が私に化粧をしていた。



「おふくろが美容師で、小さい頃から興味あったんだ。親父には、男が化粧に興味もつ事を強く反対されたけどね。」



「安心して俺に任せて。本格的に化粧するのは始めてだけど。」



本当に任せて大丈夫かな。



「美莉の素っぴん、中学生並みだな。中学生はまずいだろ。」



聖夜は化粧をした後、器用に髪を触り、鏡の中には別人の私がいた。



「美莉にはこれが似合う。」



そう言って、聖夜がお団子頭を優しくなぜた。



やだ、ドキドキが止まらない。



12才も年下の聖夜に、ドキドキしてどうするのよ。



あり得ないんだから。



これは、何かの間違いであってほしい。


そうでないと困る。


聖夜が本当に18才なのか疑いたくもなるけど。


やることが全て、大人なんだもの。


私が子供って事になってしまう。


これだけは、絶対に認めたくない。


聖夜にこれ以上振り回されないように、しようと思った。








































< 21/ 147 >