ケータイ小説 野いちご

君の甘い罠。【出会い編】

出会い
あの時のお兄さん






バフッ


私は自分のベットに飛び込んだ。

愛莉「…はぁ…嫌な事思い出しちゃった。」

過去なんか…忘れてしまいたい。

それにしても…お腹すいたよ…
昨日は少なかっただけだったけど…はぁ…
私以外には優しい癖に…

明日はおやすみだ…
給食が食べられない…
朝もきっと私は貰えないし…
あれ…私…本当に倒れないで居られるかな…?

とりあえず寝ちゃおう…!




そんな思いを胸に、私は寝た。









< 27/ 69 >