ケータイ小説 野いちご

氷点下できみを焦がしたい










「ごめんね、僕に君はもったいないよ」



優しくて儚げな王子様だと思っていた。



きっと毎朝紅茶を嗜んでから学校に来て、

雨の中の子犬には傘を差し出して、

誰にでも優しくて。


そんな人だと思っていたから。




「お前ごときが俺に釣り合うわけないだろ、頭沸いてんのか」




知らなかった。


彼がこんなにも冷酷な王子様だったなんて。












< 1/ 246 >