ケータイ小説 野いちご

家庭男子はどうですか?

幸せの魔法

もうすぐ冬休みが近づいてきた。今日も僕は真凛ちゃんのためにお菓子を作る。

今日は一段と寒いし、温かいお菓子を作ろう。そう思い、僕はアップルパイを作った。

いつものように真凛ちゃんにお菓子を渡し、また新しい料理のレパートリーを増やそうと図書室に今日は向かった。新しい料理の本が入ったんだよね。

図書室が閉まる時間になったので、僕は本を借りて図書室を出る。作ってみたい料理がまた増えた。

ラザニアもいいし、サバの味噌煮もいいな。チキン南蛮もおいしそうだし、カルボナーラも挑戦してみようかな。

薄暗くなった廊下を歩き、僕はそんなことを考える。その時、「あ、律紀」と後ろから声をかけられた。振り向くと、ジャージ姿の真凛ちゃんだ。

「真凛ちゃん、今部活終わったの?お疲れ様!」

「あんた、何でこんな時間までいるの?」

「料理のレパートリーを増やそうと思って……」

僕は笑い、真凛ちゃんに料理の本を見せる。真凛ちゃんは「そう」と本を見つめた。

< 13/ 16 >