ケータイ小説 野いちご

【短編】俺の言うこと聞けないの?




来年から大学生になる私は、壱夜と同じ大学に入りたくて、ただ今猛勉強中。


壱夜は頭がいいから、いつもこうやって壱夜の家で勉強を教えてもらっている。


壱夜とは幼なじみで、昔から一緒にいるけど付き合うようになったのは最近。


昔は壱夜と理央(りお)の3人でずっと一緒だったから、未だに2人でいることが少し恥ずかしくて、ちょっとだけ慣れない。




< 1/ 13 >