ケータイ小説 野いちご

私の彼は世界一の有名人。〜世界トプ選手との恋愛事情〜

レオルド・スミス

数週間後、
日本ラグビーのリーグ戦が始まった。



風見地自動車はそのリーグ戦
最大の注目のまととなったなった。



理由は単純明快。
レオだ。



レオは今まであった三回の試合全てに
フルタイムで参加し



全てでトライを決め、
トライの突破口を開いている。



スポーツ新聞にはでかでかと表紙を飾り



【不動のエース。衰え知らず】



大々的に載せられていた。



『良かったねーレオ。
ほらほら、すんごいかっこいいよー』



『分かったから、もうやめろ』



案外恥ずかしいのか朝食を食べながら
新聞を読む私の新聞を取り上げる。



『行儀が悪い』



『それ、レオに言われるとは思ってなかった』



『なら言われないようにしろ』



『うん、そうする。』



ご馳走様。お母さんにそう言うと2階へ行く。



今日は休みとレオの試合が
ちょうど重なったのでお母さんと2人で応援だ。



まぁ、観客席ではなく私は下で
トレーナー達と一緒に見るんだけど、

< 65/ 191 >