ケータイ小説 野いちご

私の彼は世界一の有名人。〜世界トプ選手との恋愛事情〜

レオルド・スミス
背中

放課後になると近くの公園に行き、
トイレでジャージに着替える。



帽子も深めに被ってあんまり分からないように



下ろしていた髪もポニーテールでまとめる。



《風見地駅ー風見地駅ー》



降りてすぐに見えるのはグランド



あまり見えないようにしてある
壁が見えてくる。



ここ数日で記者もいなくなったなー



ファンも立ち入り禁止になったから
練習の声だけが聞こえてくる。



警備員の人にカードを見せて中に入る。



フィールドに出る



ちょうど集合してる。



いつもの定位置のベンチに座る。



この間と変わらぬ風景。



霧島選手、相変わらず行く気ないな。



そんな思考をよそに
手はしっかりとレオの問題点を書いていく。



まぁ、霧島選手が行きたくないんなら別に、



....関係ない、よね?



ん〜、これって私関係ないのかな?



私の仕事はレオの強化で、



レオが強化したってのは
試合で見せつけないといけない。



で、それを見せつけるには
レオが試合で活躍しないといけない

< 52/ 191 >