ケータイ小説 野いちご

意地悪な幼馴染は逃げた初恋を追いかける。

第2章




「はーい、そこのお二人、くじ引いて」


それは、文化祭を2週間後に控えた昼休み。

私と優奈が教室でお菓子を食べながらのんびりダベっていると、学級委員の森ちゃんから声をかけられる。

彼女の手には、割り箸がたくさん握られている。

優奈が不思議そうに首を傾げた。


「え、森ちゃん。

これ何のくじ?」


「実は、文化祭実行委員の中川さんが、昨日の帰りに骨折しちゃったらしくて。
結構ひどい怪我で、移動もきついくらいだから、彼女の代わりに代理の実行委員をこのクラスから出すことになったんだよね」


今、クラスの女子に順番に声をかけてくじを引いてもらっている最中らしい。

私と優奈は顔を見合わせた。

それは、すごく大変だ。

しかも文化祭を間近に控えたこの時期に…かわいそうすぎる。

< 17/ 57 >