ケータイ小説 野いちご

意地悪な幼馴染は逃げた初恋を追いかける。

第1章




幼馴染を好きになるって、この世で最も不毛なこと。


特にそれが、意地悪で腹の読めない、タチの悪い男だったりしたら。



「…あ。
ほのかじゃん。おはよ」


マンションの部屋を出たところで、生まれた時から知っている声が聞こえた。

一瞬で誰だか理解した私は、緊張のあまり固まる。

偶然にも部屋を出たのは同じタイミング。

このままではエントランスホールに至るまでの間、狭いマンションの通路に2人きりになる。

………最悪だ。

こんな近さで無視するわけにはいかないじゃないか。


「……おはよう」


仕方なく儀礼的に挨拶を返した。

< 1/ 57 >