ケータイ小説 野いちご

5時からはじまる甘い罠。

第5話



わたしは、あの日から、どこかがおかしくなってしまったらしい。







「すげえ」



目の前に広がる、お弁当箱に詰められた色とりどりのおかずに、廉くんは目を輝かせた。


その無邪気さに、また胸がギュン、とするのをこらえて、



「……あの、味は普通なんですけど、えと」



「すごいね栞菜、料理得意なの?

時間かかったでしょ、これは」



「……そんな……」



ほんとは4時間かかった。


廉くんのことを考えていたら、いつの間にか作りすぎてしまった、なんて、


……言えない。






< 93/ 171 >