ケータイ小説 野いちご

5時からはじまる甘い罠。

第3話





「栞菜」



登校途中の道で、偶然声をかけられる。


誰だかすぐにわかって、わたしは慌てて振り向く。



「おはよ」



ーーわたしをわらしとよばないのは、廉くんだけだ。



「おはよう……」



挨拶を返すと、廉くんはあくびをした。


少し眠そうだけど、朝も相変わらず綺麗な彼。


なんか最近寒くない?と手のひらを擦り合わせるようすを、緊張しながら横目で盗み見た。





放課後に街に繰り出すことには、特訓のおかげで少しは慣れてきた。


だけど、誰かと一緒に登校するのに慣れていないからか、今はすごくぎこちない。




< 51/ 171 >