ケータイ小説 野いちご

5時からはじまる甘い罠。

第2話



ほんとにとんでもない提案を受けてしまったと思う。






「栞菜ー」



廊下から声をかけられて、廊下側一番後ろの席のわたしが顔を上げると、そこには予想通りの笑顔があった。

(ていうか他にいない)



「おはよ」



人懐っこい目が細められている。


ずるい……内心ときめいた心を無理やり抑えて、わたしはどぎまぎしつつ、視線を合わせずぺこりと頭を下げた。



「栞菜…笑顔はどうした?」



早速ダメ出しをくらってしまう。


焦ってなんとか苦笑いを浮かべたけど、彼はなんだか不満げだった。




< 33/ 171 >