ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

大好きだよ?


大好きだよ?

私、永瀬莉恋
今隣にいるのが彼氏の安倍廉

「ねぇ、廉。この体勢なに?」

「なにって、わかんない?」

「わかんないよ!」
「どいてよ!!」

「照れてんの?( -ω- ´)」
「かーわい。」

「うるさ、ん。んぁぁ、ふぁぁ。んぁぁ」

「煽ってんの?」

「煽ってなんかない!!」

「じゃぁ何その格好?」

「えっ?」

よく見るとブラウスははだけてキャミ1枚に
スカートはパンツ見えるギリギリまで
上がっていた

「ば、ばか!これはちが、チュッ」

「何が違わないんだよ」
「俺だって男だよ?もう止めらんねぇ。
覚悟して」

「えっ、チュッ、、ん、ん……あ…ふぁ……」
「ダ、メッ……あっん」

すると私は廉によっていつの間にか下着姿に
なっていた。

「れ、、ん、やめ、、チュッ」

「もうやめらんねぇよ」

プチッ

「〜〜〜っ///。ひゃっっ///」

えっ?なに?

「Eだろ。思ったよりでけぇな」

////

「ばっ、違うもん!」

「ふっ、図星?」

「ち、ちが! んぁ……」
「んぁあぁあ……ふぁ…ダ…メ…」
「やめ……て…んぁ//」

すると廉は辞めた。

「やめていいわけ?」

本当は気持ちよくてやめて欲しくなんかない

「やめるよ?いいの?」

「や、めな、いで///」

「ふっ」

「あっ……ん…クチュ…ふぁ…ん…あぁぁあ」

もう。だめ、壊れちゃいそう、、

「壊れていいよ?」

「こわれたりなんて、しないもん!」

「ふーん。じゃあこれは?」

すると廉はスカートの中に手を入れて
クリストルをいじってきた

「!!///あっ、ん…れ…んっ……ダ、メッ…んぁぁ」

「もうこんなグチョグチョじゃん」
「感じて気持ちよかったんだ?」

「べ、別に、気持ちよくなんか、」

嘘。本当はすごく気持ちよかった

「ふーん、そんなこと言うんだ」
「まぁいいや。」
「今からもっと気持ちよくさせるから」

すると廉は私の下着を投げ捨て
腰を持ち上げ私のあそこに硬い棒を入れた。

パンパンパンパン

廉はテンポよく腰を振る

「んぁぁあぁぁあぁぁぁぁぁあぁぁぁあ」
「……あぅぅぅん///」
「ん、キャ…あ…ん…もっ…と……」
「あぁぁぁあ///ふぁぁ…」

「莉恋、喘ぎすぎ」

「だっ、だって、」

「まぁ、エロくていいけど」
「俺も興奮してきたし」

すると廉は今より激しく腰を振った

パンパンパンパンパンパンパン

「んぁぁ……もっとぉ///」
「あっンッ…ふぁ…んあっ…」

「俺、もう、イき、そう」

「わた、し、も、んぁぁ…ひゃぁ///」
「ぁぁぁあんっ。そこっ、、ダメっ…」

シュコシュコ、ズボズボ。パンパンパン

「ァァァァアアァァアアアン……」
「アンッアンッ、ヤッ、アンッ」

「ハァッ、ハァ。イくっっ、アッ、アアッ。 ハァ」

そして私たちはイった

「すげぇ気持ちよかった」

「私もっ」
「ねぇ、れん?」

「なに?」

「大好きだよ?」

「俺も。」
「ちょー大好き」

そのまま私たちは裸で抱き合ったまま寝た

Fin

< 1/ 1 >