ケータイ小説 野いちご

一生に一度の「好き」を、全部きみに。

Heart*2
雨の日の憂うつ


ダブルデートからの週明けの月曜日。

朝は晴れていたのに、午後から雨が降り出した。放課後までしとしとと大粒の雫が降り注いで、いつまでもやむ気配を見せない。

憂うつな気分になるから雨は嫌いだ。

気分が沈むと思い出してしまう。咲に出会った、あの日のことを。

忘れたいのに忘れられない。心に染みを作ったまま、消えることなくどんどん大きくなっていく。

「……い!」

「へっ!?」

教室の窓からぼんやり外を眺めていた私は、肩をポンと叩かれてハッと我に返った。

「葵ってば、ボーッとしすぎ」

「あは、ごめんごめん」

花菜はそんな私に苦笑した。

「途中まで一緒に帰ろうよ」

「もちろん! すぐ準備するね」

花菜は電車で私も電車。偶然にも最寄り駅が同じなので、時間が合えば一緒に帰ることも増えた。

「あ、鳳くんだ」

廊下に出ると花菜の視線の先には咲がいた。

「うわ、黒田もいる。こっちに手振ってるし」

げんなりした口調だけど、心なしかその横顔はゆるんでいる。

「黒田くんと少しは仲良くなれたみたいだね」

「え、やめてー。全力で否定するわ」

とはいってもそこまで嫌そうには見えない。

咲と黒田くんは他のクラスの男子たちと輪になって騒いでいた。咲は騒ぐタイプではないから腕組みしながら立ってるだけ。

横目に見ながら通りすぎようとした瞬間、視線を感じて振り向けば。


< 70/ 287 >