ケータイ小説 野いちご

好きな人
小学校

小学5年生。あたしには好きな人がいる。その人は...
「中島ー、ちゃんと練習してよ」
ダルそうにこっちに来た。あたしの好きな人は中島瑛祐。
今は宿泊研修であるキャンプファイヤーの劇の練習中。あたし達がするのは桃太郎。友達と買ったお守りに中島と隣の席になりますようにってお願いしたら叶った。同じ班になり、なんとおじいさん、おばあさん役に抜擢した。
中島はなんにしても面倒くさがりだけど勉強は出来るし運動神経もある。なんの取り柄もないあたしとは正反対。でも特別モテてるって言うわけではないらしい。と言うのもうちのクラスには頭も運動神経もいい人が他に2人も居る。可愛い系の勝田響、可愛い系かっこいい系でもある渡邊隆輔、そしてクールな中島瑛祐。

< 1/ 6 >