ケータイ小説 野いちご

千紘さんのありがた~いお話

エピローグ

 


 夏休みのある日、真昼たちは、荷物をまとめていた。

 いよいよ、この町を去る日が来たからだ。

「終わらないじゃないか。
 昼には引っ越し業者が来るんだぞ。

 お前、服、どんだけ持ってんだ」

「ほとんど千紘さんが買ってくれたんですよ?」
と言うと、

「……援助交際だからな」
と笑えないことを言う。

「でも、千紘さんの本も多いですよ~」
と言い合いながら、真昼たちは、飲まず食わずで朝から、残りの荷物を箱詰めしていた。

 レモンの木もちゃんと梱包してある。

 そのとき、外から子どもたちの遊ぶ声が聞こえてきた。

 それを聞きながら、真昼は笑って言う。

「実はちょっと寂しかったんです。
 此処に住んでるの」

< 425/ 429 >