ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

彼女になれない彼女

彼女認定

平良の朝は早い。
朝練があるから6時半には家を出る。

昨日あの後、一応確認をしてみた。

「明日、朝一緒に行くよ。」

そしたら平良はこう言った。

「いい、いい、いい。そういうのいいから。別に今までと一緒で大丈夫だから。朝早いし。」

その表情がすごく迷惑そうだったから、私はそれ以上何も言えなくなった。

平良が私と付き合ったのは、「何も支障がないから」。
それが崩れたら、私はきっと彼女失格。

ここから私の葛藤はスタートする。



< 5/ 44 >