ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

彼女になれない彼女

壮行会

テストの1週間があっけなく過ぎた。

野球部は県予選があるから、他の生徒とは違うスケジュールでテストや授業が組まれたようだ。

私はこの1週間、敢えて夕ご飯を遅らせて平良と会わないようにしていた。
全然話すこともなかった。

テスト明け、憂鬱な日がスタートする。

「今日テスト返されるかな。」

彩乃が言う。

「数学は採点早いから返されそうじゃない?」

弥恵の言葉に、彩乃と私はうなだれる。

「そうだ、今日壮行会じゃん。」

弥恵がハッとしたように言った。

「壮行会?」

ボンヤリしてる私を弥恵がキッと睨むように見る。

「沙和、なにボーッとしてんの。野球部の壮行会!もう今日初戦じゃん。県予選。」
「え!」

すっかり忘れてた。
そういえばそうだったような。

ちょうどタイミングよく担任の山本先生が入ってきた。
私たちはサッと散らばって自分の机に戻る。

「今日これから体育館に移動して野球部の壮行会です。20分に間に合うように各自移動すること。」

山本先生は野太い声で言うと、時計を見た。
15分だ。

後ろの方の男子がちらほらと「はーい」と言う。

野球部の壮行会・・・
県予選・・・

全然本人から聞いてない。
そもそも最近はテストだったからちゃんと話してないし、あんなこと言ったから避けてた。

何か直接言っておけば良かったなー。

彩乃と弥恵が私のところへ来て「行こ。」と腕を引っ張った。


< 13/ 44 >