ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

夏、不適合者



「だから。アイス“クリーム”じゃだめなんだって」



せっかくコンビニまで走って買ってきたというのに、お礼よりも先に文句をこぼす。そういう人間だ、この男は。



「おれが食いたいのはザクザクしてて、キンキンに冷えた……」

「かき氷はもう置いてなかった」

「はあ?」

「もうすぐ夏も終わるでしょ。仕入れるアイスの種類が変わるのは、しょうがないよ」




疑わしげな瞳が向けられる。

その視線を無視してカップアイスの蓋をはずすと、相手は諦めたようにため息をつき、溶け始めた部分にスプーンを刺した。


人工的なバニラの風味が広がり、熱い舌の上で溶けていく。あっという間に、固体から液体に。

正面に座る男に目を向けると、切れ長の奥二重が私をにらんだ。



< 1/ 7 >