ケータイ小説 野いちご

「悪」が似合わない君と。

大作戦!!




「んー…喜ばせる…難しいなぁ。まあとりあえずせっかくそうやって動き出したんですし、身なりとか、イメージチェンジしてみてはどうですか?」


「イメージチェンジ?」


「そうです!その絶妙に微妙ななんとも個性的すぎる見た目を…」


「あ?」



ああーもう短気はめんどくさい



「アドバイスなんだから黙って聞く!」


「あ、はい」


ふん





現在の浜田さんの格好は個性を表現しているのかもしれないけど…


似合ってない!

そして怖い!!

なんかやだ!


なんだろうズレてるって言うか…


と、とにかく如何にもな柄の悪さをなんとかしたい


だからとりあえず今日を切りに雰囲気からガラッと変えてみよう!

(↑的なことを浜田さんに説明)



「な、なるほど…じゃあ俺はどうすればいいんだ?」


「私に任せて下さい!!」





< 23/ 321 >