ケータイ小説 野いちご

「悪」が似合わない君と。

帰り道
彗side

彗side



トンボと浜田が出かけるらしい…








放課後





駅前のドーナツ屋で


















「おい、彗」





「ん?え、あ、海?お前戻ってたのか」





「ああ、さっき帰ってきた。ところでどうした?なんでそんなに不機嫌なんだよ」






「は?不機嫌?誰が」




「お前だよ」




海が呆れたように言った





俺が不機嫌?




顔つきが悪いからそう見えるだけだろ





別に不機嫌じゃないし





特に不機嫌になることも…





ふとよぎる



トンボと浜田のこと






んー?





いや、





なんで俺が?




そんなので腹立てなきゃなんねぇんだよ





「おい」




「あ、何?」




海が顔を覗き込んだ




「もしかして…またあの女か?」




は?



あの女ってトンボか?




「あの女に関わってからお前変だぞ」




「変ってなんだよ」




「なんか…いつものお前じゃない」





は?



いつもの俺ってなんだよ





< 168/ 226 >